Topic: 歯週病の主な原因

歯週病の主な原因
歯週病の主な原因:プラークや歯石。プラーク通常歯間と歯莖の部位に殘って、それを口の中で急速に繁殖;歯石は菌、脱落の細胞、食べ物の殘りかすなどの長期滯在を口の中で鉱化後の形成歯科。プラークや歯石長期歯ぐきを刺激し、組織による歯週組織炎症によって、歯が甚だしきに至っては自らが。専門家:線で異物を口から線が薄くて、爪楊枝をより有効によりクリア歯間これらの部位のプラークや食べ物の殘りかす、有害物質なあ深層の蓄積や腐敗、は簡単ではないように押し合いを広い。注目に値するのは、使用の線にするべきで、力を入れすぎないように猛、歯ぐきの線もケガ、使用後覚えうがいは清潔で歯科器材、毎日寝る前にも最高の線できれいな歯。健康の小さいTips:あなたの線でですか。1、引き出し尺ばかり前後の線には、そしてそれぞれの線の両端に人差し指にからむ二から三界を殘し、中間五センチ前後の線。歯石 超音波両端を親指で押さえ、両指の中間線、張りつめた状態で、この段は一進一退の線を式運動に滑り込ん歯のすきまに、保証が指で歯の内側、別の1匹の歯の外側をなあ、線間を上下左右にスライドし2~3回繰り返し。3、線をそっと滑ってこのように交換後、別の1段のきれいな線は、次のように以上の超音波スケーラー繰り返し操作まで、歯のすきまも清潔終わって、これで完成した清潔な過程の線。これは清潔で歯。4、清潔で歯のなら、中間段は人差し指を押さえつけ、同じ保証1匹の人差し指の歯の内側、別の1匹の歯の外側に、更に人差し指の線をなあ間を上下左右のスライドを2~3回繰り返し。