Topic: 歯髄暴露

歯髄暴露
正解:歯を磨いて力を入れすぎ歯ぐきの萎縮、たくさんの人が歯を磨く時はとてもよく、歯を磨くと時間が長ければ長いほど強く、歯がきれい。科学研究の証明、そうやって歯が大きく損傷。歯磨きが力を入れすぎて大会に歯と歯の間に表層琺瑯質本質と摩耗、歯がアレルギー、歯髄暴露、甚だしきに至っては、萎縮させる歯ぐきの損傷を埋め、包まれた歯根部。マークはあなたの歯ブラシを使って2~3ヶ月は毛が曲げ(無接触湯の場合)。落とし穴の4:歯ブラシ頭大面積より手っ取り早いor歯ブラシを頭の面積が小さいもっと柔軟に、正解:笑って、口を総合的に考慮口腔程度と個人の習慣などの要素によって、ある人は感じて、ブラシが大きい、動きの回数を減らすことができますブラシではなく、もっと全範囲に次の歯に触れて隅々歯根管治療。ある人は感じて、ブラシが小さくて、保証でき歯ブラシは口の中の柔軟に向けて、だから清潔より有効。実は、ブラシサイズを人によっては都合が総合的に考え、口腔の大きさや、口程度及び個人の習慣などの要因。は統一の標準。専門家は、成人の歯ブラシではなくブラシの長さは約2.54-3.18センチ、幅約0.79-0.95センチ、毛2 - 4列、一列に5-12束。しかし、大人も選べるブラシが2 . 3センチ、0 . 8センチ幅の児童の歯ブラシ。誤解5:毛軟点歯磨き効果がもっと良くて、正解:とても固くてすべてよくなくて、とても柔らかいブラシを使用しやすくて毛易不潔、根幹長測定器歯殘留細菌ない洗浄成分。そしてが硬いの毛は、歯と歯ぐきを傷つけやすくなり、歯莖の出血や歯の損傷など問題。専門家は、毛を最初に、あるいは少し柔らかい(とてもできない)。現在のブラシで作った頭をふらふらナイロン糸。具体的には、普通は2種類に分けて――とデュポン糸糸。デュポン糸弾性属性、倒れやすい。誤りの6:弧状ブラシが一番効果