Topic: 全身の健康

歯週病が全身の健康に危害を及ぼし
歯週病はよく人を無視して、歯週病はすでに大人の歯の主な原因。また、歯週細菌が侵入した後で面倒な歯だけでなく、専門家によると、歯週病は莫視。歯週病を引き起こす遠隔器官病変と機能の障害。歯週病が引き起こす肺炎。再細いほら、陳叔父さんの歯の表面を包む厚いソフト垢が、歯ぐきが炎症を起こして萎縮現象は、その二つの奥歯がまだ左右に揺れ。経口腔菌群試験、口腔細菌はやっぱり陳おじさんが肺炎にかかるの感染源の一つ。歯週病の肺をだけではなく、調査によると、急性心筋梗塞患者の中には共通点がある――すべてが異なるレベルの口腔病根管治療機器。その中で、最もよく見られるのは歯週病や歯週囲膿瘍。臨床データによると、歯週病患者は普通より心臓病の確率の高い1 . 5倍、普通より脳卒中の確率の高い3倍。それは歯週細菌の侵入人体血液システムの後で、血液の中の免疫細胞に反撃「侵入者」の過程の中で、1種のジェル状物質を生むことができて、この物質が付着して血管の壁の上で、渋滯の積み重ねが血管に冠状動脈硬化症、これを加速することと心臓血管機能に異常。もしこのジェル状物質に流れ込んで血液脳は、脳卒中根管長測定器。口腔の健康を守るのも、間接的に保護して胃根管治療、心臓などの臓器が。だから、たとえ歯が抜ける多くの高齢者でも、柔らかで歯ブラシ、さらさら歯ぐき、歯槽、口腔衛生を保つ。 http://blog.livedoor.jp/japandental/