Topic: 口腔衛生の原因

口腔衛生の原因
口腔衛生的でない、歯を磨き、うがい、または歯を磨いてないいい加減な人。口内で食べ物の殘りかす長期に蓄積され、細菌の作用の下で発酵腐敗に分解して、発生インドール硫黄水素基およびアミンなどの物質を出して、1種の腐った悪臭。原因は2:体性疾患。一部の口臭のは、体の部位の病気、消化不良で、化膿性気管支炎、肺膿瘍なども、経気道排出に耐え、表現口臭。効果的に除去菌マダラと柔らかい垢を刺激し、かつ歯ぐきの角を守り、歯ぐきの外形の正常。用歯ブラシ面をより広い、硬毛、中硬毛歯ブラシが可能だが、老人、児童や歯週病手術後は選抜にハードや軟毛歯ブラシ。ブラシ唇頬面や后牙舌顎のアクションは、毛と歯の長軸平行して、貼って歯の顔に、ブラシ指向歯肉の縁、加圧ねじり歯ブラシ毛とロングホイールベースを45°角になって、回転歯ブラシ、すなわち刷ブラシ毛顺歯にして歯間ブラシで歯の下根管治療機器、ブラシ時に下から上へブラシ。ちょっと注意動作遅い、すこし震えて、同一部位は繰り返して5~6回。ブラシの前に歯舌顎面で上記の同じ回転動作、歯の弓の狭い者は歯ブラシを垂直、一部の毛束圧は歯ぐきに沿って、歯間ブラシ側に冠を、同時にラブラシ后牙の歯ぎしり合面。原因の3:特殊食べ物癖。ある人は特によく食べるニンニク、ネギなど、口、胃の中でいずれも不快な匂い。どうやって口臭を?薬草の練り歯磨きをくわえで歯を磨く。薬草成分を含むの練り歯磨き根管長測定器、口腔清新時間耐久いくつか。ご飯を食べていくつかのお茶を緩和することができます口臭を噛む。あなたはいくつか果物類のものを食べることができてあなたの口ぶりを清新で、あるいは気がふさぐ時、清潔な場所を探して、空気の清新な地方、深呼吸。根管治療普段は朝晩歯を磨いて、半年ごとに一回の歯に潔。普段は歯を磨いて4~5分、ご飯の後で食べ、キシリトール、白湯を飲ん。方法の4:少なく甚だしきに至っては食べないのぼせやすい食べ物、多く野菜を食べて、糞便を保持し、直ちにデトックス。