Topic: 全身の要素も含む

全身の要素も含む
内分泌、例えば性ホルモン、副腎皮質ホルモン、甲状腺ホルモンの分泌量など異常。食べ物と栄養面ではビタミンCの欠如は、ビタミンDとカルシウム、燐の欠如や不均衡、栄養不良など。血液病と歯週組織の関係はきわめて密接に、白血病の患者は常出現歯ぐきはれもの、潰瘍、出血など。血友病し歯ぐき自発性出血など。いくつかの薬物の長期服用などフェニトインナトリウムを歯ぐきが線維増殖、特定の種類の歯週病のように歯週病患者家族史靑少年は、遺伝的要因から考えて。とにかく、歯週病の病因が複雑に注意し、治療だけでなく局部の要素をも考えて全身の状態を獲得するため、良い治療効果。症状は普通は2種類のタイプ:局限型靑少年歯週病。病変にとらわれて切歯と第一。汎髪型靑少年歯週病。病変に及んで全口多数歯。病変早期が出て歯のゆとりとずれ、特に上顎切歯と第一歯ぎしり目立って、深刻な時上顎前に歯が扇形展開。形成が深い狭い歯週ポケット。しかし歯ぐきの炎症は明らかではない、口腔衛生状況が一般的。病状が発展し続け、菌斑や歯石が増え、歯肉の炎症に時に出る症状と単純性歯週病。全面採取病歴、局部の体格検査を行うwoodpecker 歯科超音波スケーラーuds-j2。必要によるX線撮影片及び実験室の検査。漢方医の弁証法的持ち主を祖国の医学は歯週病の認識は早く記載し、持ち主を重点的に弁証法。例えば:肾阴虚型:宜滋陰で腎臓を補って、6種類の地黄汤加減。肾阳虚型:宜温腎臓を補って陽、同封の桂ジオウ丸で加減歯科 スケーラー。胃经実火型(歯週囲膿瘍):宜清胃胃でのぼせを下げる、清湯加減。とにかく、歯週病の治療は、一連の総合治療の措置に仕上げた。効果を強化するため、再発を防止し、口腔衛生の宣伝と教育を行うべきで、定期的に再検査し、必要に応じて更に適切な治療、例えば吹き除菌斑pidfx.com、歯石や薬物治療など。