Topic: 玉を伴うと淡い世界

翡翠の置物は中国文化の中で、その重要な位置玉が.中国文学の源流と『詩経』には〈どうして寄贈の、環珍奇な玉の装身具」。屈原も『的女神」に感慨:“瑶席玉瑱ものだが、盍を兮瓊芳.その後、は玉の詩文、更に名目がすこぶる多いました.玉を包容、多くの文化があって、“寧を玉砕」の愛国民族の気骨があって、“化を結ぶ」の団結友愛、過于「うるおいで温」の無私な献上品徳があり、「瑜不掩瑕」の清廉潔白気迫玉だけではない。物件、それは命ある。「通霊宝玉翡翠ペンダントトップ」「人玉一体」。

「前三十年飼っている玉翡翠 価格、後30年玉人を養います」、……言ったのはすべてこの道理.雄大なペルシア帝国の双狮ブレスレット(紀元前4世紀.材質:黄金、ターコイズ、ラピス):この作品は阿契美尼德帝国出土して1人の重要な大臣の墓にちりばめられ、ターコイズとラピスラズリのたてがみや相互対抗の両端にししてもこのブレスレットに十分なポイントで、掐丝、エナメル、内の記入、浮き技術の熟練運用2頭猛獣て狂暴です。

もしあなたに来てそれで荘厳であるホール、あなたは驚いた発見とその週囲で多くの作品にも似た動物に対抗して図案、あなたはハズレ、古くはペルシャこれは絶対に最も盛んでの飾り水晶ブレスレット。ルーブル美術館から驚くべき作のジュエリーは、両方の巨ドリルはクラウン、それだけのストーリーが終わらないか、引き続き上演していることを人々に見ただけではなく、ゴージャスで、またそれらの悲しい程、いっしょに歩いてきて、私達は幸いそれらはまた、後の世代の人が歌うそれの変転浮瀋!
http://www.umetion.jp