Topic: 8種類の口腔病によってキス感染

8種類の口腔病によってキス感染
口臭は実際に口腔の病気の一種の表現で、たとえば歯齦炎、歯週病。実際には口臭の原因は細菌大量繁殖による酸性及び化学物など美欣インドール、や硫化物などの匂いが。蛀洞も大量の細菌のを。キスした時は、舌を絡め2、必然的に口の中の細菌感染を相手にので、虫歯がある方は、相手の健康のためにも、我慢する。この類の人や歯ぐき出血の場合と同様の問題もあるが、こんな状況でキス、厳重などの潰瘍腫瘍と混同され。歯ぐきの萎縮、歯ぐきは灰に暗い:歯ぐきの萎縮自体が歯ぐきや歯週病の表現。歯ぐきは暗く、歯石が多すぎて、炎症は比較的に重くて、は血液係疾患や他の係統性疾患家庭用 超音波スケーラー。この場合もない接吻。歯ぐきが腫れ:歯ぐきの腫れ表示さ、炎症がある自分の口腔の病原菌が多く、相互に感染する確率が増える。キスのないほうがいいよ!歯肉炎や歯週病がある:、歯肉炎、歯週病の患者は、口腔粘膜関門の基本は不完全な口腔内カメラ、すなわち自分の第1本の保護バリア喪失、だけではなく、相手に感染症、自身も感染しやすい。列そろわないで、歪牙、出っ歯:この類の人は歯列そろわないで、積み上げやすい細菌や結石、口腔細菌数が比較的多い。もちろん、歯がそろわない自身クリーンはとても良くて、とてもきれいで、そんなに気にキスをする時の注意口触ってぼろぼろになる!歯ぐきは保護根の一層の“バリア」ならば、歯莖の出血にキスは、伝播口腔や血液システムの疾病、そして歯莖の出血表示さ歯ぐきや歯週状態の粘膜関門破損しても感染しやすく歯科 口腔内カメラ、相手の口腔細菌や伝染病。