Topic: 口内炎

口内炎
文献によると、多い落花生を食べ、クアズ、チョコレートを誘発する口内炎、少なく食べやすいのでこれら“のぼせ”の食べ物。また、ビタミンB族元素粘膜再生を促進することができます。ウメ肉を乾かすひいて粉にして、を片つけて潰瘍の面でも、ハチミツや砂糖をつけて潰瘍の面では、痛み止めの殺菌作用歯科器材。また、ぜひ注意口腔衛生、薄い塩水または淡茶うがいぬよう、口痛で歯を磨いて、病状を強めないように。口腔の潰瘍は1種のよくある病気.主には一人あるいは数で口腔粘膜上に散在の淺い潰瘍、痛みを伴う。漢方医は病気を「口疳」、「口内炎」と「火」について。実火口内炎宜清潟臓腑の熱根管治療機器、比較的治療やすい;のぼせ口内炎優柔难愈、再発しやすい、よく調整治療効果を強固にする必要。患者の臨床の態度によっては、以下のいくつかのタイプを選択して使用して薬膳。舌面や頬の粘膜数コウリャン粒潰瘍面瘡面膜で覆われ、黄、赤い腫れの痛み、胃袋灼熱、口臭、喉が渇いて喜飲み物、大便秘結根管長測定器。小便の赤い短く、舌の赤苔黄、脈の滑り数。宜食清胃熱に下痢。質のソフトの薄い食品。「原料]鮮笹30グラムあるいは乾燥15グラム、石膏45グラム、うるち米の50グラム、砂糖の量を。「制法」では先に生石膏をガーゼで袋に包んで、煎茶を20分、竹の葉を入れと焼き7~8分、捨てて石膏や笹の殘りかす。汁を取ってプラスメートルまで煮る爛熟、砂糖を入れて物を、温冷後食用根管治療。「特徴」を除いて笹の葉は純粋な心を煩わして、石膏を下げて逆上をとる、うるち米の甘平内臓を強くする益胃、砂糖の甘平唾液の分泌を促進して。