Topic: 歯の牙釉质

歯の牙釉质
明らかに自分のお父さんが時間もあるが、これは遺伝。彼は子供のに影響しない限り正常に成長し、治療には及ばない。実はその認識は誤った。まず、歯ぎしりが子供の健康に影響を。歯ぎしりを子供のホワイトニング機器顔面の過度の疲労、食事、話す時によるあごの関節と局部は筋肉痛、あごの関節にまた口音を出す時、子どもを不快に感じ、彼の感情に影響。歯ぎしりさせるため、牙釉质ダメージを受け、歯の本質によるアレルギー、遭遇冷、熱歯科、酸、辛い時が歯痛。子供と遺伝に関係なくて光重合 歯科。よくある原因は以下:腸寄生虫病の子供が回虫症、回虫摂動腸壁刺激を受けて、引き起こし咀嚼筋反射性収縮現れて。解決方法は毎年秋になるために子供駆虫歯科器材。歳以下の小児は治療を行うべき駆虫。子供が寝ている消化機能の乱れは食べすぎて食べ物が増えたのは、消化係の負担、寝る時も歯ぎしり。栄養が偏りすぎ、好き嫌い子供、ビタミンと微量元素など、夜顔面の咀嚼筋の自主収縮になる歯ぎしり。だから、親は子供を手伝って良好な飲食の習慣、子は偏食して歯石 超音波、十分に摂取して各種の栄養の光重合照射器。必要な時には子供を連れて病院まで微量元素測定によって、相応の栄養素を補充する測定。無条件にまず子供服を2週間21金維彼かもしれないが、効果が。