Topic: 歯健康の悪い習慣

歯健康の悪い習慣
多分みんな子供が小さい時にもあると吸う習慣が、もし子供が五六歳もなおやめないと、子供には歯が明らかに間違って合奇形。吸うことをする場合、親指を置いては萌えの前に歯の間に、有名な商品そんな止める前に歯の正常な萌え、下の歯が正常にできない接触。乱舐め舌:子供は歯が抜け替わる中に最も容易な出現の問題は舌が常用舐めの乳歯や新しく生えた永久歯を形成される舌や舌を出すの悪い習慣。舌がよく上下の歯の間に形成有名な食べ物の局部が開閉、歯の間に隙間。唇をかむ:6歳以降の子供は大人の影響で不良習慣の唇は、最も明らかな唇をかむ。もしよく噛んで唇を引き起こす可能性の前に歯の反合、下顎迫り出す。下唇をかむと、前の歯が目立つ、有名な洋楽あごの後に縮め、唇が厚くて短く、広げて状態が、歯が飛び出す。半側咀嚼:子供は乳歯の発展の後期に現れやすく片側噛む習慣、乳歯が抜け、彼らの側に歯の正常な咀嚼機能に影響を受けないため、その他にご飯を食べながら。もし時間が長くなった親を矯正に左右対称の顔面発育。よく噛んで側の不足のために食べ物で積み上げやすい歯垢が、虫歯や他の歯周病。噛むもの:多くの子供好きかじる爪や裾や袖口ymetsunglas.com、噛まれ角、枕の角や乳首などで吸うので、これらの物体の時に普通の総固定歯のある部位のため、歯の小さい局部ができやすく開閉奇形。