Topic: 人の健康

人の健康
ビタミンCを多く食べるのベリー、ウリや柑橘類の果物にも役立ち抑制口腔細菌が生長して、また歯週病予防(それは容易に口臭の口腔病。いかなる1種のタバコの製品にも口臭ややすい臭いの口腔病を放つ。うがい薬であまり影響を与えるかもしれない心臓の健康。イギリス《デーリー?メール」が1月26日の報道によると、ロンドン大学マリー女王学院の新しい研究し発見して歯科器材、頻繁に使ううがい薬は健康にカタストロフィーが心臓病や脳卒中危険。新しい研究では、グアムにタワー・アルワ莉娅博士とその同僚19名参加者健康させて毎日二次使用うがい水洗いは泰(Corsodyl)。その結果、うがい後数時間で、参加者は明らかに上昇して血圧を2~3 . 5ミリの水銀柱。洗必泰に含まれる0 . 2%の殺菌剤クロルヘキシジン。他の殺菌うがい水中物質含有量も基本相当。クロルヘキシジン同時にもいくつかの「善玉菌」を殺すために、これらの善玉菌を作り出して少量根管治療機器の亜硝酸塩、それは重要な役割に血管拡張。少量の亜硝酸塩は心臓を守る、人の健康を積極的に影響する。常用滅菌うがい薬を招く、口の中が亜硝酸塩レベル低下が90%、血液中の亜硝酸塩レベルで25%削減する。アルワ莉娅博士の分析では、うがい薬は血圧の影響で幅が小さいのに、心臓病根管長測定器、脳卒中死亡率や障害を殘して率に重要な影響を及ぼして。独立研究によると、血圧の上昇の2つのポイント、心臓病の根管治療死亡危険が7%増加、脳卒中死亡危険10%増加。イギリスある新しい研究に発見して、頻繁に使ううがい薬は健康にカタストロフィーが心臓病や脳卒中危険。滅菌うがい薬による口腔に亜硝酸塩レベル低下が90%、血液中の亜硝酸塩レベルで25%削減する。